BLS 職員研修を行いました。

こんにちは 中谷です。

少し前のことですが、人形を使ってのCPR、AEDデモ機を使ってBLS職員研修を行いました。

CPRは心肺蘇生、AEDは除細動器、BLSはBasic Life Support(一次救命処置)のことです。

心臓マッサージを30回行った後、人工呼吸2回行うのが基本と思っていましたが、最近は人工呼吸はしなくてもいいんですねぇ。人工呼吸の知識と技術があれば行うと変わってきています。

人工呼吸を行うよりも心臓マッサージを続けて脳に酸素を送るのを優先させています。

CPRで重要なのは、
・順番を間違えても、胸骨圧迫の回数を忘れても(多めの方が良い)、人工呼吸を省いても、胸骨圧迫テンポが多少異なっていてもかまわない。倒れてい
 る傷病者を発見したら見て見ぬふりをせず、声掛けから始まる「救命の連鎖活動に着手する」ということが最も重要であり最も勇気が必要、しかしその
 行為はハードルが高いことを認識する。
・ただ速いだけの心臓マッサージだけでは意味がなく、しっかりと胸を押して、押した分だけしっかりと戻すことが重要。
・しっかりと胸を戻す心臓マッサージができるのなら120回/分のテンポでも良い。しかししっかり行おうとするのなら100回/分程度が妥当。

いつ、何時にこのような研修が役に経つかわかりません。しっかりと身に付けておきたいものです。